コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスCORPORATE GOVERNANCE

コーポレートガバナンスに対する基本的な考え方

当社は、次の企業理念を掲げ、経営の基本方針としております。

【企業理念】

 『すべての人に夢と希望を与え、社会に貢献する』
その意味で4つの「S」を満足できるレベルで実現し、信頼される企業となる
ES:社員満足 CS:お客様満足 IS:株主満足 SS:社会貢献

コーポレートガバナンス体制の概要

当社は、コーポレートガバナンス体制の充実を重要な経営課題の一つとして考えており、倫理・コンプライアンスと内部統制の両面から方針、指針、規範を定め、健全かつ透明性が高く、経営環境の変化に即応し、迅速かつ適切な意思決定ができる組織体制の確立を目指しております。

また、適時開示体制については、情報発生の段階より迅速に所定の検討、判断をおこない、透明性の高い情報提供を約束し、説明責任を全うすることを念頭に、公表すべき情報は適時開示することとしております。

組織形態 監査等委員会設置会社
取締役会議長 代表取締役社長
取締役(監査等委員である取締役を除く) 6名(うち社外取締役0名)
監査等委員である取締役 3名(うち社外取締役2名)
社外取締役のうち独立役員 2名
コーポレート・ガバナンスの図表
コーポレートガバナンスの図表
適時開示体制の概要図
適時開示体制の概要図

業務の適正を確保するための体制

資料

PAGE TOP