TAYA Web World
サイトマップ ENGLISH
News サロン カタログ お客さまの声 Discovery 会社案内 IR情報 採用案内 TAYAのひみつ
株主のみなさまへ
経営者からのメッセージ
企業理念・体制
決算資料
月次報告
ニュースリリース
株主総会・公告
株式について
IRお問合せ
HOME
経営者からのメッセージ

社長写真
代表取締役会長(CEO)
株主のみなさまには平素より格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。

当第1四半期累計期間におけるわが国経済は、政府の各種経済政策により、企業収益や、雇用・所得環境の改善を背景に、緩やかな回復基調で推移いたしました。一方で、米中間の貿易摩擦による海外経済の不確実性や金融資本市場の変動影響等、先行き不透明な状況が続いております。

美容業界におきましても、依然として消費者の強い節約志向の高まりや、店舗間競争の激化、また労働需給逼迫による美容師確保難など、当社を取り巻く経営環境は引き続き厳しい状況が続いております。

このような状況の下、当社といたしましては、『Always Smile』をスローガンに、美容師の「優れた技術と優れたサービス」の充実をより一層図り、多くの方々が“笑顔”になっていただけるように、営業施策の更なる強化はもとより、(1)人材基盤の強化(2)ブランディングの強化(3)成長施策の3つの柱を軸に、全社を挙げて取り組んでまいりました。

店舗につきましては、美容室3店舗(TAYA ステーションホテル小倉店、Shampoo 西新店、TAYA 博多ハイアット店)を閉鎖し、当第1四半期会計期間末の店舗数は、美容室119店舗と小売店1店舗となりました。

以上の結果、当社の第1四半期累計期間の業績は、売上高2,266百万円(前年同期比7.9%減)となり、営業損失100百万円(前年同期は営業損失60百万円)、経常損失103百万円(前年同期は経常損失69百万円)となり、また、店舗閉鎖に伴う退店補償金による特別利益39百万円を計上したため、四半期純損失は79百万円(前年同期は四半期純損失81百万円)となりました。

株主のみなさまには、何卒一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

TOP

  Copyright (C) TAYA CORPORATION